スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
2005 / 11 / 19 ( Sat )
コーツ病とは・・・・
医学的な説明はこういうこと)
・生まれつき、眼底(網膜)の一部の血管が弱く、血管から血液の成分が滲み出し、
網膜に障害を起こす病気。
・目の中(眼底)にある網膜(光を感じる膜)に異常な血管があり、
その血管から、血液成分が滲み出し続けるため、次第に病変部の網膜の機能が低下する。
また、滲み出した液が網膜を押し上げて、網膜剥離とよばれる状態になる。
原因は不明。乳幼児にもみられ、先天的なもの。治療は、
その異常血管を早期にレーザー治療(または冷凍凝固手術)する。
網膜剥離になる前に治療した方が、視力経過はよい」ことがわかっている。

多分、多くの人がなんのことだかさっぱりわからないと思う・・。 私もいまだに正しい解釈はできていない。私の説明が正しいかどうかは、わからないけど、簡単に言えばこういうこと......................
 
 ・先天的、つまり生まれつきの病気。遺伝性ではない。
 ・この病気は、目の血管の病気であるということ。
 ・今までの症例は少なく、見つかることは奇跡的だということ。
 ・片眼性(つまり片目だけになる病気)で発祥率は5歳~6歳
 ・本人にも痛みはなく、なんの症状もない。
 ・ほとんどが男の子におこっている病気。
 ・女の子の例はほとんどなし。
 ・放っておけば、確実に失明するいうこと。
 ・今の医学での治療法はレーザー治療又は、冷凍凝固手術のみ
スポンサーサイト

テーマ:病気 - ジャンル:育児

21 : 58 : 43 | コーツ病とは・・。 | トラックバック(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。